仲井芳東園


お茶の種類


玉露


かぶせ茶
 

煎茶

玉露は京都府の特産品で、お茶の王様です。煎茶と違い畑全体の茶の木を日覆いし、日陰で新芽を育てて若芽の内に手摘みでつみ取って製造致します。甘味のあるまろやかな味、お口の中で広がる芳香が特長です。ぬるいお湯(50℃以下)で、お茶の葉を多くお湯の量を少なく注いで下さい。

かぶせ茶は玉露と煎茶の中間的なお茶で、熱湯玉露等の商品名で販売されております。甘味のあるお茶ですが、玉露ほどの風味は出ません。熱いお湯で出して頂けますので手軽に召し上がってください。

煎茶は日本緑茶の代表的なお茶で、中国から入ってきたお茶を宇治田原町出身の永谷翁が考案された宇治茶製法により出来上がったお茶です。この様に新芽を蒸してから揉みあげていく方法で出来たお茶が日本の緑茶として全国に広がったのです。特長としては、さわやかな香り高いお茶で、甘味、苦味、渋みの調和のとれた味が良い煎茶といわれております。


雁が音

玄米茶

青柳

 

雁が音は、くき茶とも言われますよう に、お茶の茎です。玉露は玉露のく き茶、煎茶は煎茶のくき茶となります。特長としては甘味茶、くき茶の渋みのとれた味は又、おいしいものです。

番茶や煎茶に炒った玄米をまぜた茶で 、香ばしい香りがします。

川柳とか、お番茶ともいわれておりますが、煎茶の原料の下級品と考えてください。さわやかな香りとあっさりした味が特長です。

 
ほうじ茶

抹茶
 

ほうじ茶は、煎茶の下級品(川柳、青柳等のお茶)をほうじたものです。特に当園では、直火ほうじと間接ほうじとの二度ほうじの方法で、ほうじておりますので香りは最高です。

玉露と同様に新芽の頃に覆いをしてつくられます。新芽を蒸したあと揉まずに乾燥させものを碾茶といいます。これを石臼で挽いたものが抹茶です



〒610-0362 京都府京田辺市東西神屋9-3
TEL:0774-62-2458 / FAX:0774-63-5755




 Copyright(C) 2008 Nakai Hotoen All Right reserved.
当サイト内の商品画像の著作権は仲井芳東園に帰属します。
当サイト内の全ての画像を無断にて転載、転用、複製、二次利用、画像への直接リンク等行うことを堅く禁じます。